肺炎球菌

<高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種>

予約が必要です。確認事項がございますので一度ご相談ください。

インフルエンザワクチンとの同時接種も可能です。

 

・ニューモバックスNP 7500円/回

・プレベナー 10000円/回

 

「ニューモバックスNP」は市の助成金制度の対象となります。

65歳以上で※対象年齢の方は市の助成金制度をご利用ください。

  ※年度内に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方。

  ※今までにワクチンを接種したことが無い方が対象です。

 

- - - - - 

 

<肺炎球菌とは>

肺炎を起こす原因は、細菌性、ウイルス性、誤嚥性、膠原病性、特発性(原因不明)と様々です。

その中では細菌性肺炎の頻度が最も高く、「肺炎球菌」感染が7割以上を占めると言われています。

 

肺炎球菌は90種類以上の型に分類されています。 

「ニューモバックスNP」は、 そのうち23の型を選んでワクチンとしたものです。 

「プレベナー13」は、基本的にはニューモバックスに含まれている型を厳選したものです。 

そして、プレベナー13にはニューモバックスには含まれていない6A型という近年感染増えてきている型を含んでいます。

 

また、その他にも以下のような特徴があります。

 

「ニューモバックスNP」(PPV23) ポリサッカライドワクチン/23価

 ・免疫記憶効果がなく持続効果が劣る。

 ・ワクチン接種を繰り返してのブースター効果なし。

 ・鼻や喉の粘膜への定着(保菌)を防止できない。

 ・プレベナーより安価 

 ・成人は公費で接種可能 ※ 脾摘患者は保険で接種可能  

 

「プレベナー」(PCV13) コンジュゲートワクチン(結合型ワクチン)/13価

 ・免疫記憶効果あり。

 ・ワクチン接種を繰り返してのブースター効果あり。

 ・鼻や喉の粘膜への定着(保菌)を防止できる。

  →上気道炎、中耳炎、副鼻腔炎などの予防効果も期待されています。

 ・ニューモバックスよりも高価

 ・成人は自費のみ。公費で接種できない ※小児は公費で接種可能

 

- - - - -

 

現時点で理想的と思われる、肺炎球菌ワクチンの接種方法>

 

①これから初めて肺炎球菌ワクチンを接種する高齢者で65歳以上の 基礎疾患がある方

プラベナー13を先に接種→1年以上あけてニューモバックスNPかプラベナー13を追加接種

 

②65歳以上でPPSV23を接種したことがある基礎疾患のある方 

ニューモバックスNP23 から1年以上あけて、プラベナー13を追加接種

 

③問題となる基礎疾患がない65歳以上の定期接種対象者

ニューモバックスNPを打った後、効力が弱くなる前にプラベナー13を追加接種

 

 

④施設入所者には、ニューモバックスNP(PPSV23)が、実績が豊富。