インフォメーション

2020-03-07 23:54:00

新型コロナウイルス感染症に関する当院の対応について。

<新型コロナウイルス感染症に関する当院の対応について>

 

・新型コロナウイルスの咽頭鼻腔検査は飛まつ拡散を起こしやすく、本環境感染学会、日本医師会より、適切な感染予防策のもとで行うよう指導されています。

 

・しかしながら、昨今のマスク等の供給不足により感染防護具の確保は困難な状況であり、隔離対応が限定的な状況であることから、検査を行うことで感染を拡大してしまう恐れがあります。

 

・したがって、3/6より新型コロナウイルスの検査が保険適応となりますが、現時点では「帰国者・接触者センター」の指示のもと、指定医療機関のみで対応可能であり、当院にて検査を行うことはできません。

 

・また、インフルエンザ、マイコプラズマ、溶連菌の検査も咽頭鼻腔検査ですが、共通する症状が多いため区別することができず、すべてに対して新型コロナウイルスを想定して対応する必要があると考えます。

 

・当院の方針としては、比較的軽症な急性期疾患の対応を行うとともに、慢性疾患で通院中の患者様が安全に医療を受けられる環境を提供する責務があると考えます。

 

 

 

上記をふまえて検討した結果、3/9より当面の間、以下の対応とさせて頂きます。

 

 

 

・「午前は予約が無い方の一般外来」「午後は慢性疾患の予約診療のみ」とさせて頂きます。

 

・この期間、インフルエンザ、マイコプラズマ、溶連菌等を含め、咽頭•鼻腔検査は対応できません。

 

・風邪症状の方は、対応可能かどうかの判断が必要なため、必ず事前にお電話にてご相談ください。

 

 

 

ご迷惑をおかけしますが、院内感染防止のため、御理解・ご協力をよろしくお願いします。

1